G&D's Ice Cream Cafes

 

f:id:s2009131022:20160913200923p:plain

G&Dはオックスフォードの地元に根差したハイクオリティなアイスクリームカフェ♪

この牛さんがトレードマーク。

ホームページによると、オックスフォードの学生、George Stroupという人が

地元のために、美味しいアイスクリーム屋さんを、ということで立ち上げたらしい。

 

オックスフォードに3店舗あり、こちらの店舗はクライストチャーチ

向かい側なので、分かりやすい場所にある。店名はGEORGE&DANVER

 

G&Dはカフェというだけあって、アイスクリームだけでなく、

ワッフル、ベーグル、サラダ、コーヒーなども提供している。

 

3店舗共通で、全て手作りで人工的なものが含まれておらず、

リーズナブルな価格、カジュアルで入りやすい雰囲気、フレンドリーな接客、

それでいて地元に根差し、アクセスしやすい場所にある所がおすすめポイント♡

 

クライストチャーチ近くの店舗はいつも学生と観光客で混んでいるイメージ。

 

他の二つの店舗と違い、テラス席があるため、イングランドの夏を

楽しみながら、アイスクリームを堪能したいときはこちらがおすすめ☆

コンセプト的にはアイスクリームスタンドという感じ?

 

それぞれの店舗で取り扱っているものは同じでもコンセプトが

違っているのが面白いです。

 

そして、なんと働くのが大嫌いな国民性のイギリスにあって、

G&Dは毎日深夜12時まで営業という、かなり貴重なお店。

それもアイスクリームカフェなのに、だ。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160913202038p:plain

私は自分の寮から近い、こちらのカウリーロードにある、G&Dによく言ってました。

店名はGEORGE&DELIL

この店のコンセプトがいわゆる、一般的な「カフェ」に一番近いかな? 

 

店内もGEORGE&DANVERより、こちらのほうが広いし、free-wifiもあるし、

ラップトップを持ち込んで、エッセイを書いたり、読書したり、勉強したり…と、

のびのびとゆっくりカフェ利用できておすすめです✦*

 

 

 

f:id:s2009131022:20160913211534p:plain

クラレンドン・ストリートの店舗。店名はGEORGE&DAVIS

すんごく分かりにくい場所にあるけど、ここが一号店。

地元の小学生の絵とかが飾ってあり、コンセプトが一番、

「地元に根差している」感が出ているお店。

 

私は一回だけど、友達と一緒に行きました。

店内もそんなに広くないし、奥まった場所にあるので、こちらは

友達と沢山、おしゃべりしたい時に利用するのがいいかも✦

 

 

 

f:id:s2009131022:20160913201738p:plain

普通にアイスクリームだけ頼むこともできるけど、このお店の特徴は

アイスクリームとベーカリー系のコラボ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

私はリアルにこのサイズのワッフル アイスクリーム

with大量のホイップクリームを深夜に食べましたよ。

少しの罪悪感もなくねw

 

ほかにも確か、アップルパイ、ブラウニーや

クッキー、マフィンもあったような。

 

トッピングがいろいろチョイスできて、ホイップクリームはなしでもいいし、

ソースもチョコレートのほかに、メイプルソースなどもある。

 

なんという心憎い演出?

甘いもの好きの女子の心をよく分かっている笑

 

しかし、このボリュームのホイップクリームとアイスにワッフルを

食べ終わると、甘いものを「食べた」という感じがして、大満足します笑

 

よって、大量ホイップクリーム推奨派ですw

ぜんぜん重たくないもんねー! 

 

 写真はないけど、ベーグルもふつうに美味しかった?

 

というわけで、総合的にレベルの高いお店なので、

スイーツ好きのグルメ女子で、オックスフォードに来たら、

ぜひ行ってほしいお店です✦✦

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

GEORGE&DANVER

94 St Adlate's,

Oxford, OX1 1BT

 

GEORGE&DELIL

104 Cowley Load,

Oxford, OX4 1JE

 

GEORGE&DAVIS

55 Little Clarendon Street,

Oxford, OX1 2HS

 

www.gdcafe.com

--------------------------------------------------------------------------------------------

Facebook Page

https://www.facebook.com/gdcafes/

---------------------------------------------------------------------------------------------

www.tripadvisor.co.uk

Christ Church

f:id:s2009131022:20160910134755j:plain

 オックスフォードの超名門校クライストチャーチ

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910140148j:plain

イギリスでは芝生の上を土足で歩いては絶対にいけません。 

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135045j:plain

War Memorial Garden

イギリス人は「歴史」というものを大事にするようで、

日本人のように忘れっぽくはなく、執念深いので、

いまだに第一次世界大戦の戦死者を追悼するポピーのお花が

手向けられていたりします。

 

 

教会とか墓地に行くと、必ずこのポピーのお花を見ます。

ハリポタのロケ地で有名なクライストチャーチも一応、

「チャーチ(教会)」なので。

 

ここオックスフォードからも愛国心の強い学生が志願して、

出兵し、犠牲になった人もいるようです。

 

ちなみに話はそれますが、イギリスでは毎年、Remembrance Dayという、

1918年11月11日の第一次世界大戦終戦記念日というものがあります。

 

日本では第二次世界大戦のほうがショックが大きかったですが、

ヨーロッパでは第一次世界大戦のほうが、犠牲者が大きく、

第二次世界大戦第一次世界大戦で解決しなかったことが

表面化して起きた、という見方になります。

 

この日になると、街の人達が、胸元にポピーのお花を挿し、

街のいたるところで、このお花を見かけます。

私の周りだと、男性が胸元にこのお花を挿している人が多かったような。

こんなふうに見せつけられると、ちょっと考えさせられます。

 

私が一応、歴史学専攻だったので、だいぶ脱線してしまいました。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912001017j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135506j:plain

 あの有名な階段。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135127j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135151j:plain

 味のある回廊。

 

 

f:id:s2009131022:20160910135222j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135248j:plain

言わずと知れたハリポタのホグワーツの食堂でのシーンはここがモデル 

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135331j:plain

クライストチャーチはあの有名な不思議な国のアリスの著者、

ルイス・キャロルが教授として働いていた場所であり、

オックスフォードはその舞台。ちなみに彼は数学者です。

本名はチャールズ・ドジソン。ルイス・キャロルペンネームなのです。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911235639p:plain

Alice Window発見!!!

両端の下の方を見てください。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911234906p:plain

おなじみのキャラクターたち

 

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912000003p:plain

左下に小さくアリスが!

右下は見たことあるけど、名前は知らない笑

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912000352j:plain

暖炉。ちょっとピンぼけ~

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912000333p:plain

ということで、借りてきた写真。

このヘンテコな首の長いモニュメントを見て、ドジソンこと、

ルイス・キャロルがアリスの体が縮んだり、大きくなったりすることを

思いついたらしい…

 

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910135010j:plain

 

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912001107j:plain

 クライストチャーチ近くにある、アリスショップ。

特に大したものは置いてないけど(ジョン•テニエルの挿絵はたまに不気味…

せっかくなので行ってみましょう。

ポストカードくらいは記念に買うといいかも。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912001203j:plain

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

Christ Church

St. Aldates,

Oxford, OX1 1DP

http://www.chch.ox.ac.uk/

 

www.tripadvisor.jp

 

Queen's Lane Coffee House

 

f:id:s2009131022:20160912105151p:plain

こちらはオックスフォードで一番最高のロケーションを堪能できるカフェ

Queen's Lane Coffee House

正直、あまり人に教えたくないくらい。だけど、街の中心部へと繋がる、

ハイストリートに面しているため、目立つので内緒にしててももったいないので笑

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912111055p:plain

こんな感じで大学が本当にそばに無数にあるので、いつも学生がいっぱいの

通りに面しています。店名のQueen's Laneは通りの名前に由来している模様。

 

ここは前の記事 THE GRAND CAFE - FUKO diary で紹介した、

Grand Cafeの斜め前に位置し、創業1654年。

グランドカフェより、4年遅い創業だけど、ホームページや店内の黒板には

イングランドで一番古い」あるいは「ヨーロッパで一番古い」コーヒーハウスで

あると謳っています。

言い切ってしまっているところが実にイギリスらしいですね。

 

でも、いいんです。私はグランドカフェより、こっちが好き。

何よりも接客がposhではなく、ロケーションが最高にいいのです!

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912105308p:plain

店内はこんな感じ。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912110614p:plain

そして、この窓からの景色!

聖メアリー協会(University Church of St Mary the Virgin)の尖塔が見えます。

 

運よくお天気が晴れていたら、もう何とも言えない、最高の気分になれます。

なんか、この瞬間だけでも生きててよかった…!と思えるくらい(大げさかもしれない

けど、本当にそう思いました。)

 

というわけで、お天気の日にQueen's Lane Coffee Houseに来たら、

絶対に窓際に座るべし。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912111213j:plain

お天気がいいってなんて素晴らしいのだろう…!

本当に気持ちよくて、夏のイングランド(日中に限る)は過ごしやすい。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912111224j:plain

この通りのちょうど右側に位置しています。大好きな景色です。

この景色が一番好きなのは間違いなく、このQeen's Lane Coffee Houseさんのおかげ。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912110719p:plain

そして一番のお気に入りがこのストロベリーチーズケーキ。

たまに味にばらつきがあるけど、そこはイギリスだし、目をつぶってあげて。笑

 

文句なしのオックスフォードで一押しのカフェです。

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

Queen's Lane Coffee House

40 High Street,

Oxford, OX1 4AP

www.qlcoffeehouse.com

 

www.tripadvisor.jp

London: London Eye

 

f:id:s2009131022:20160911023808p:plain

ロンドンに来たなら、絶対に乗ってほしいのが、このロンドンアイ。

作られた当初は「こんなもん誰が乗るねーん!」とロンドンっ子には

不評だったようで、きっと赤字になるだろうと囁かれていたとかいないとか笑

 

が、意外や意外、乗ってみると結構楽しかったということで、

今では毎日のように観光客が並ぶ、大人気の観光スポットです♡

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911023851p:plain

こんな感じの10~15人くらい乗れそうな、どでかいゴンドラに乗って、

ロンドンを上から見渡すことができます!

私は友達が来るたびに乗っていたため、計3回は乗っていますw

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911023312j:plain

 国会議事堂ならぬ、ビッグベンならぬ、エリザベスタワー(女王在位60周年を記念して、2012年に改称)も上から見ることができます。

 

それにしても、この日のロンドンはなんてお天気なんだろう!

旅行中、こんな日にロンドンアイに乗れたら、あなたは超ラッキー✦*ですよ!

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911023140j:plain

 また、ある日は夜に乗ってみました。旅行のスケジュール上、

偶然そうなっただけだったんだけど、これが案外、よかったです。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911023159j:plain

いつものビックベンも夜だと違う雰囲気✦

 

 前回の記事

London: Thames Dinner Cruise - FUKO diary

ちょっと触れてるんですが、この時、私は間が悪いことに、

絶賛風邪を引いてまして…苦笑

 

超テンション低いまま、ゴンドラに乗り、何枚か写真を撮った後は、

真ん中にある椅子に座り込んでボーっとしてました。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160911023217j:plain

こんな素晴らしい景色だとういのに、友達にも悪いことしてしまった…と反省。

今ではいい思い出と無理やり思い込むことにしてますが、

皆さんも旅行の時に疲れすぎて、髪の毛乾かさずに寝ちゃうと私のように、

風邪引きますから十分に気を付けてくださーい!!!苦笑

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

London Eye

London, SE1 7PB

 

オンライン予約で15%割引

Adults:£21.20 Child(4-15) : £16.10

 

www.londoneye.com

London: Thames Dinner Cruise

f:id:s2009131022:20160910152224j:plain

ロンドンに行ったなら、絶対予約してほしいのが、

テムズ川ディナークルーズ✦*

ランチやアフタヌーンティークルーズもあるけど、

夜のロンドンの風景は一味違うので、ぜひ試して頂きたい!

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910151812j:plain

お値段£82(1万円ちょっとくらい)でこの豪華なメニュー

そしてイギリスにしては珍しくご飯がおいしいので、

予約しない手はない笑

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910151829j:plain

それなのに私ときたら、間が悪く、風邪をひいてて、

この時もなぜだったか覚えてないけど、遅刻しそうで、

地下鉄のWaterloo駅を降りて、ゼーゼーいいながら、必死で走っていたら、

クルーズの前でボーイのお兄さん達が「こっちだよ!」って

応援してくれてて、かなり恥ずかしかったw

 

ドレスコードした人達が走っているわけだから、

すぐに目についたのでしょう。

「間に合ってよかったね」的なことを言われたけど、

正直、もうよく覚えてない。もうあきらめ気味だったのに、

間に合って信じられない気持ちが大きかった。

ボーイのお兄さんがコート預かりながら、心配そうな視線をくれたっけ。

(風邪引いているのに、全力疾走したせいで、

この時の私は過呼吸みたいになっていたのだ)

 

今ではいい思い出だけど、もしまた次に行くなら、

絶対にこんな思いはしたくない。

 

というわけで、皆さんもお気をつけて。

特に地下鉄は出口が何個もあって、うちらは1番出口から出て、

奇跡的にクルーズの目の前だったけど、見知らぬ土地で旅行していると、

ハプニングはつきもの。旅行のスケジュールは余裕を持って組むに限る。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910151930j:plain

サーモンとパプリカ?と何か笑

盛り付けがバラの花びらのようでオシャレ~♡

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152024j:plain

かぼちゃのスープだったかな?

 

 

f:id:s2009131022:20160910152303j:plain

何かの肉料理。意外とこの玄米?ともよく合って、

美味しかったことだけは覚えている。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152316j:plain

デザート♡ラズベリーのプディングかな?

チョコレートも入っていたような…

こちらも美味しかったです✦

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152413j:plain

なんか音楽が流れて、ホールで踊れるってことで、

踊りたい人だけホールに出ています。記念日の夫婦やカップルとかが

こぞって前に出ておりました。素敵な大人の社交って感じですね。

 

イギリス人はアメリカ人のように、ダンスは上手ではないのだけど、

こーゆう場面で日本人みたく、回りの目を気にして、

恥ずかしいから出ないって選択肢はないようです。

もちろん、私は恥ずかしいので出ません苦笑

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152606j:plain

かわりに暇そうにしていた、パフォーマー❓の人と写真撮影。

この人、歌を歌ったり、コント❓っぽいことしたりしていたのだけど、

みんな外の景色や食事、会話に夢中で見向きもされていなくて可愛そうだったので笑

 

風邪引いているのに、よく笑顔が出たな、、、と自分でも関心。

それにしても、ジョン(仮名)、よっぽと寂しかったのか、

私と相棒が声をかけたら、喜んでこっちに来ました。

パフォーマンスは全然面白くなかったのだけど、

回りのイギリス人も何か反応してあげればいいのに、正直すぎるw

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152533j:plain

外のデッキにも出れます。

真冬で寒かったので、少しだけ。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152731j:plain

Tower Bridge

夜で船の上からだと、いつもと一味違うように見える不思議。

 

 

f:id:s2009131022:20160910152828j:plain

それにしても、テムズ川って日本人が一般的に持つ川のイメージと

だいぶ異なるスケールのでかさで、とっても幅広く長いです。

だってオックスフォードまで繋がっているしね。

 

さすがにオックスフォードではそこまでの幅広さはないけど、

こんだけ、でかくて、長いからこそできるクルージング。

しかも川のほとりに有名観光スポットがごろごろしてる。

なんという贅沢なんだ!!!羨ましすぎる、ロンドン!!笑

 

やっぱり、ロンドンに来たら、クルージングは外せない。

そして、やっぱりおススメはディナークルーズです♡

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910152923j:plain

帰りにビッグベンの前を通ったので、記念にポチり。

昼間は観光客で人がうじゃうじゃしているけど、

夜だとこんな感じにちょっと幻想的になる。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------

www.bateauxlondon.com

-----------------------------------------------------------------------------------------------

Thames Dinner Cruise

http://www.thamesdinnercruise.co.uk/

-----------------------------------------------------------------------------------------------

Trip Advisor 

こちらからも予約できるみたい

www.tripadvisor.co.uk

 

THE GRAND CAFE

f:id:s2009131022:20160910140535p:plain

オックスフォードのメインストリート・ハイストリートという通りに

面した場所にある、グランドカフェ。

ここはなんと、1650年創業。

イギリスで一番最初にできたコーヒーハウスと言われています。

 

 

 

私が聞いた話では、オックスフォードの学生がその昔、

授業中に居眠りをしないように、コーヒーを飲む必要があったから、

最初にオックスフォードでコーヒーハウスができた、のだそうです。

 

 

 

「歴史がある」ということは凄いな、と単純に思うのがこんな時。

イギリス人は確実に自分達に「歴史がある」ことを誇りに思っていると思う。

普段はそんな風に見せないけど、特にオックスフォードのような街にいると、

そんな風に感じることも多いです。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910142817j:plain

聖メアリー協会(University Church of St Mary the Virgin)のある、

このハイストリートという道をまっすぐに進むと右側にあります。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910140344j:plain

店内はそんなに広くないのだけど、外観、置かれているインテリア、

どれをとっても一流。

ただ、2回行った中、2回とも愛想のない、上から目線の接客がだったのが残念。

 

老舗だからなのか、うちらがチップを出さなかったからなのかは謎。

チップはイギリスでは義務ではないので、

私は本当にいいサービスをしてもらった時と

回りの人を見渡して、チップを渡してそうだったら、

「この店はそういうお店」と思って、渡してますが、

ここでは渡さなかったからな…

回りの人も渡してなかったと思うのだけど…

 

というわけで、この店はだいぶposhな(気取った)店です。

階級制度が昔ほど無くなったとはいえ、実にイギリスらしい

ザッツイングリッシュなお店です。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912104034j:plain

店内はいつ行ってもこんな感じで混み合っています。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160912104041j:plain

 きれいに活けられているお花が見事。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910141821p:plain

あ~美味しそう、、、いつもスコーンばかりでケーキは食べなかったからな~

手前からヴィクトリアンケーキ、ウォールナッツケーキ、チョコレートケーキかな。

ウォールナッツケーキが気になる。たぶん、上の白いのはクリームチーズで、

バナナ味になっていると思われる。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910141928p:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910140358j:plain

poshな店なので、いつもよりちゃんとした格好で行ったつもりの人w 

 

 

 

f:id:s2009131022:20160910140419j:plain

High Tea  £16.95

サンドイッチ 卵とマヨネーズ、サーモンとクリームチーズ

スコーン2つ ストロベリージャムとクロテッドクリーム付き

プチフール(フランス語で一口サイズのデザート。

フランス語使っているところがかなりposh)

…この時はチョコレート。

このチョコレートがスコーンより、かなり美味しかった(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ひょっとしてフランスのチョコレートだったりして笑

 

スコーンはお店によって味がやはり違うので、食べ比べて、

自分好みのお店を見つける楽しさがあります✦

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

Grand Cafe

84 High Street,

Oxford, OX1 4GB

 

www.thegrandcafe.co.uk

 

www.tripadvisor.jp

オックスフォードのおすすめ散歩スポット:Meadow Walk

f:id:s2009131022:20160909112154j:plain

 一番最初の記事

イギリス人にとって自然とは - FUKO diary

にさりげなく載せていたこの写真。

実はオックスフォードのクライストチャーチ大学の

Meadow(牧草地)なのです。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112031j:plain

 クライストチャーチのどこかの建物。

大きすぎ&広すぎでどれがどれだか。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909110647j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112338j:plain

  

 

 

f:id:s2009131022:20160909111816j:plain

 地図にChirst Church Meadow Walkと載っている場所。

ロンドンと繋がるテムズ川が流れています。

イギリス人はとにかくwalking大好き。

ここを教えてくれたのも大学の先生。

天気が崩れやすい、イギリスで

晴れの日に何もすることがなければ、絶対に行くべし。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909110017j:plain

鴨?もいるよ。何を食べて生きているんだろう?

人間がエサをやっているのかな~?

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909110128j:plain

ボートにも乗れます。夏だけ。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909114022j:plain

ボート乗る機会なかったので、お天気の日に乗りたいな。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112418j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112445j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909110200j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112513j:plain

ほんとにのびのびできる。癒し空間。

それもタダ(←ここ重要)

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112553j:plain

 夏にオックスフォードのカレッジ対抗のボートレースがあって、

このテムズ川沿いに大学ごとのボートハウスが軒を連ねている。

沢山あるので、この一枚だけ。

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112615j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909112638j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909110343j:plain

 

 

 

f:id:s2009131022:20160909110414j:plain

 これゲストハウスなんかな~?

こんなロケーション良いところ、一度は泊まってみたい。

 

 

 

 というわけで、おすすめ散歩スポットでした。

 オックスフォードに行かれた際はぜひ♡

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Christ Church Meadow

Oxford, OX1 1DP

 

この地図の左下の緑のところ

f:id:s2009131022:20160909113621p:plain